2018/09/14

【わんこの検定】超難問!「K犬定(検定)」実施!生え抜きのくろしばちゃんは何点を取れたのか!? ペットショップ マルワン大倉山店( 横浜市 港北区 )

この子は素敵なご家族のお迎えがありました!ありがとうございました。

【わんこの検定】超難問!「K検定」実施!生え抜きの大倉山柴ちゃんは何点を取れたのか!? ペットショップ マルワン大倉山店( 横浜市 港北区 )

常に新しい切り口でわんにゃんこの育て方を研究する大倉山店で新しい試みがスタートしました。

それが「K検定」です。

エリアマネジャーでわんこのしつけに一日の長があるMr.Kによる、生後4〜6ヶ月のわんちゃんにハイレベルなしつけ検定を実施することになりました。

対象となるのは混合ワクチンが終了したワンちゃん。

フレンドトレーニング

四足保定術

ハンドリングトレーニング

等、様々な訓練を大倉山店では実施しておりますが、その成果を検証すると同時に、更に一歩上の段階にワンちゃんを導くために今後の課題を見つけるのが狙いです。

今回検定に挑戦するのは大倉山店スタッフが愛情込めて育てた「黒柴のクロちゃん」です。

さあ、果たしてクロちゃんはMr.Kから何点の評価を貰えるのでしょうか?

クロちゃんのパーソナルデータと成長ブログはこちらから

種類:柴犬
性別:女の子
毛色:黒
誕生日:2018223
出身地:茨城県

【あわせてチェック!】この子のホームページ情報はこちらから!

【あわせて読みたい!】成長ブログはこちらから⬇

検定その1★ボディーコントロール編★

ボディーコントロール編 | わんこの検定 - ペットショップ マルワン大倉山 神奈川県横浜市港北区

まずMr.Kが導入した検定内容は「弱点を触られても平気かどうか?」です。

ワンちゃんのボディーコントロールがスムーズにいくことにより、日々のお手入れや不意な保定にとても有効で、特にトリミングに出すワンちゃんには大切な内容になります。

ボディーコントロールをする上で、最も重要な箇所の一つが「前足」。

クロちゃんとMr.Kは面識はあるものの、私達スタッフの方が圧倒的にスキンシップを図れている状態です。

さて、クロちゃんはしっかりと前足を掴ませてくれるのでしょうか?

▲見事にクロちゃんは前足を掴ませてくれましたが、Mr.Kの採点は80点。(き、厳しい・・・)

その理由は、「掴んだ前足を持ち上げさせてくれる高さが浅い」ことだそうです。

確かにクロちゃんは地上から15〜20cmほどはイヤイヤせずに触らせてくれるのですが。それ以上(関節の限界もあるのでそれは考慮しております)になると少々「拒否行動」をしてしまいます。

更に上にあげても大丈夫なようにMr.Kからのアドバイス。

どんなシーンでも飼い主さんが気楽に前足を掴めることはとても大事なことです。

更に完璧にするために、毎日の習慣付けは当然のことながら、クロちゃんの場合は、「リード」と「声がけ」の2ポイントを複合させたトレーニングをすると効果的だと思います。

既にリードを引けば「自分の行動が悪いんだな」と判断できるようになっていますので、リードテンションでコントロールをしつつ、前足を掴むときに口から破裂音を出しながら頭をリセットするという二つのテクニックで練習すると良いでしょう。

トレーニングそのものを日課にし、繰り返すことによって1週間ほどで更に高い位置まで手を持ち上げることができると思いますよ。

当然、出来たら「優しく褒めて」あげてくださいね。

ここでもう一つ注意点。「褒めるだけ」とか「叱るだけ」のしつけは万能な効果はありません。

そして褒めるにしても極端に声を上げて褒めるのも私自身はあまり効果は無いと考えます。

せっかくよく出来たのに一瞬でテンションが上がってしまって悪い子に変身ということは避けたいなと。。。

褒める時は穏やかに優しくしてあげた方が効果的だと思います。

検定その2★ガマン編★

ガマン編 | わんこの検定 - ペットショップ マルワン大倉山 神奈川県横浜市港北区

優秀わんこの条件として、ハンドラーの指示にどれだけ従えるかということはとても重要なことですが、その前に「自我」を抑えて「ガマン」させることは特に大切なことです。

約生後6ヶ月の柴犬は一番エネルギッシュで無鉄砲になりがちな時期。

「遊ぶ時は遊ぶ」「ガマンする時は落ち着く」この2つのメリハリがどれほどできているのか、いわば今回の検定の中で最も難関な課題ともいえます。

▲場所は大倉山店で一番ざわつく入り口付近。

周りにはお客様ギャラリーもいる衆人環視の中、クロちゃんの「ガマン検定」が行われました。

果たしてMr.Kの判定は・・・

「100点」

おおおお!

厳しい判断がくだされるのかと思いきや見事100点!

満点の理由を聞いてみると、

ハンドリングしているこちらの意思を見事に尊重して、周囲の動きや雑音にも惑わされずにしっかりと待つことができました。

ガマンをする行為自体はすでにインストール出来ている様で、もはやクロちゃんにしてみればガマンでは無くなっていると思います。

引き続き同じトレーニングをしていくことで更に磨きがかかるでしょう。

とのことで、ガマンすることはクロちゃんにとっては、もはや「普通の行為」としてとらえているとのことでした!

クロちゃんすごい!

検定その3★ヒール脚側歩行とSTOP&GO!★

ヒール脚側歩行とSTOP&GO! | わんこの検定 - ペットショップ マルワン大倉山 神奈川県横浜市港北区

続いてはお散歩訓練の習熟度が試される「ヒール脚側とSTOP&GO!」の検定。

ハンドラーに併せて、かかと(ヒール)部分を中心としたポジショニングで歩行ができるのか?

急にハンドラーが立ち止まった時にすぐに止まれるのか?

ハンドラーの踏み出しと同時に歩行のリスタートができるのか?

単にお散歩をトレーニングするのではなく、理想的なポジショニングや挙動を取り入れたアクションが重要です。

お散歩中に「犬を自由にさせすぎてフラフラ歩かせたりする様」をよく見かけますが、もしこれが本番の路上だったら安全面においても危険ですし、他の通行人の邪魔にもなり、モラル的な問題が問われてしまいます。

事故防止を含めしっかりとした歩行訓練はとても大切なのです。

▲ここでまたMr.Kがいじわるな検定場所を選択しました。。。

Mr.K:「日頃トレーニングをしている店頭やドッグランを使用せずに、大倉山店のスロープで検定をするから。」

実はこれには深い意味があり、「登り」と「下り」の要素を加えることによって、「どちらが得意でどちらが苦手なのか?」や、歩行時のクセや今後の訓練方法を見るとても重要なポイントであることが後からわかりました。

肝心の採点は・・・・

「80点」

とのことでまたまた厳しい採点がくだされました。

クロちゃんは下りよりも登りの方が得意。

当然といえば当然ですが、登りであればこの子の飼い主になる方が困らないレベルのウォーキングは出来ています。

また、急なストップやこちら主導の出だしも登りなら全く問題ありません。

課題は下り。

グイグイ引っ張ることこそはしませんが、リードが張られてから止まるのではなく、「ハンドラーの歩調に併せて止まる・進む」事を反復練習で理解させる事が大切です。

犬は「長期的記憶」で物事を覚える動物なのでハンドリングの習慣付けを行えば一週間ほどで下りもヒール脚側歩行ができるようになるでしょう。

そういった意味で点数は80点です。

そして理想的な脚側歩行ができる上で非常に大切な要素としれ、「リードは犬の頭の上でコントロール」する事を丹念に行ってくださいね。(それが基本です)

あっちこっち行かせてしまうのはNG。安全面から考えてもしっかりとハンドリングしてあげましょう。

あと一歩なのでがんばってください!

なるほど。

ただ単に「できる」「できない」を見るのではなく、その後の訓練方針を見極めることも大切な要素であり、それを見ていたということですね。

検定その4★超難関!ノーコマンド(号令なし)でおすわりできるか!?★

超難関!ノーコマンド(号令なし)でおすわりできるか!? | わんこの検定 - ペットショップ マルワン大倉山 神奈川県横浜市港北区

これは「究極の指示方法」になりますが、「声も出さず」「アクションも起こさず」にハンドラーの意思をどれだけ汲み取れるかというまったくもって「いじわる」な検定となります。

ここまでクロちゃんとMr.Kのコミュニケーション時間はわずか30分弱。

果たしてサイレントな状態でクロちゃんはおすわりができるのでしょうか?

▲えええ!

仰天の!まさかの!ノーコマンドおすわりができちゃった!

しかもMr.Kが動き出した瞬間にクロちゃんもシンクロして動きました!

この課題に対する評価は・・・

「100点」

見事に100点を獲得!

これに関するMr.Kの総評はこちら⬇

まだ「おすわりだけ」という単発的な動作に過ぎませんが、 30分そこそこの時間で主従関係を構築できるという従順さのポテンシャルは素晴らしいものがあります。

これを皮切りに丹念に主従関係をしっかり引いていくことにより、更に様々なノーコマンド対応ができるようになるのではないでしょうか。

ワンちゃんはハンドラーの意思をリードを伝って感じ取るものだと思います。

ハンドラーが不安がっていたり、毅然としていなければワンちゃん自身も困惑してしまうのです。

それらを踏まえ、今後のトレーニング方法は、音や物に左右されずに「店頭で落ち着いたおすわりをさせる」こと、そして「ハンドラーのアクションを習慣的にシンクロさせる」ことを心がけてください。

そこで重要となるのは「根負けしないこと」「毅然とすること」です。

スタッフが根負けせずに毅然と対応すればきっとクロちゃんも理解し、自ら考えて行動することでしょう。

そうなれば更に将来のご家族に「良い状態」でバトンタッチできるはずです。

まとめ

今回は4つの検定内容で平均85〜95点の点数を出したクロちゃんですが、改めて思うのは「ワンちゃん自らが考えて行動をする様に」トレーニングをすることが大切だということ。

Mr.K曰く、根気よくやっていくと「わんちゃんが一生懸命考える仕草に出会うことができる」らしく、そのモードに入ったわんちゃんはメキメキと優秀になっていくのだそうです。

クロちゃんも「考えながら行動する」事ができるワンちゃんなのでとても優秀なワンちゃんだということがわかりました。

引き続き我々大倉山店スタッフは新しいトレーニング方法を生み出し、素敵なワンちゃん猫ちゃんを育成するとともに、アフターサポートにもその技術を生かして行きたいと改めて思いました。

検定の中でも「勾配スロープトレーニング」という新しいトレーニング方法も見つかり、「自分で考えるクセを養う」というコンセプトを大倉山店全体でインストールし、活用していきたいと思います。

この様に、マルワン大倉山店は「新しいトレーニング方法」を常に模索し、「地域最高水準のペットプロショップ」を目指しております。

他には無い、独自の様々なアドバイスもございますのでぜひ大倉山店を体感しに遊びに来てみてくださいね!

ちなみに、我々スタッフはMr.Kから厳しく指導されていますが、皆様には「優しいアドバイス」をいたしますので緊張しないで起こしくださいませ(笑)

最後になりますが、今回検定を受けたクロちゃんはこの月齢の柴犬としてはとても良い形で性格形成が出来ており、あらゆる犬種とも仲良くできる能力も持っております。

このクロちゃんこそ、

「幅広いユーザーさんとお付き合いできる、優秀なコンパニオンドッグ」

と自信を持ってオススメできますので大倉山店にお越しの際はぜひクロちゃんとふれあってみてください!

絶対に感動するはずですよ♥

文/山崎華(マルワン大倉山店店長)
ペットショップ マルワン大倉山 神奈川県横浜市港北区


8/24(金)追加検定!「一歩も動かずぐるり一周」できるかな?

鎌ヶ谷店のドッグトレーナー豊福氏より、いじわるで超難問の追加検定の申し出がありました・・・

ワンちゃんを座らせ、一歩も動かないでハンドラーがワンちゃんの周りをぐるりと一周できるか否か・・・

豊福氏曰く、「これができたら相当集中力・指示待ち能力に長けているワンちゃん」の称号がもらえるとのこと。

我々スタッフは「クロちゃんなら絶対にできる!」という確信の元、再びMr.Kハンドリングで検定を依頼しました!

初回ということもあり、一周回るスピードは早くなくても良いとのこと。

果たしてクロちゃんはぐるり一周するまで動かずにじっと待つことができるのか?

クロちゃんお見事!!!!!!!!!

実はこの本番まで2回ほどしか練習してません。

ほぼぶっつけ本番状態で、しかも初トライでできちゃった!(涙)

どんどんおりこうさんになっていくクロちゃんを我々スタッフは母親の目線でついつい見てしまうのです!

気になる点数は・・・

90点

くう〜・・・き、厳しい・・・(初めてなんだから良いじゃないか!)

まだ、練習の余地はあり、現在のクロちゃんはハンドラーの踏み出しとともに「一緒に歩く」というシンクロ行動で覚えているので、そのあたりの境目をどう見極めるのかが課題だとか。

とにかく練習!練習!のみ。

おそらくクロちゃんならあっという間に覚えてくれることでしょう!

今後も新しい試みを実施次第、随時報告してまいります!

(山崎)


マルワン大倉山店

〒222−0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町150(Olympic 新館ペティア内)
TEL 045-545-4008
OPEN 10:00〜19:00 年中無休

【アクセス】
東急東横線大倉山駅・菊名駅下車(徒歩10分)大型駐車場完備
第三京浜港北インターより車で15分
新横浜駅より車で5分
☆各種クレジットカードの取扱いございます。

大倉山店の可愛い子犬&子猫はこちらから!

大倉山店Facebookでもお店の様子などをご紹介しています。