2018/08/13

【 わんこのしつけ 】ワンちゃんの問題行動の原因は飼い主さんのアクション!? プロジェクト訓練 VOL.15 マルワン鎌ヶ谷店 (千葉県鎌ケ谷市)

【 わんこのしつけ 】ワンちゃんの問題行動の原因は飼い主さんのアクション!? プロジェクト訓練 VOL.15 マルワン鎌ヶ谷店 (千葉県鎌ケ谷市)

皆さん、こんにちは!

「PROJECT KUNREN」久々の投稿になります!

たくさんの方から

「次回はいつブログやるの?」

とお声がけをいただき嬉しい限りです!

さて、今回は「ワンちゃんの問題行動」を引き起こす原因は「飼い主さんのアクションに問題がある」ことにフォーカスしてお届けします。

何気ない仕草や行動が実は大きな間違いであったりするのでご参考にしていただければ幸いです。

❐【あわせて読みたい!】前回のプロジェクト訓練ブログはこちらから↓

1.ワンちゃんの食事中にそばで見ている

ワンちゃんの食事中にそばで見ている - 鎌ヶ谷店PROJECTKUNREN VOL.15

これ、やってしまってる方多いのではないでしょうか??

なぜ、これをやってはいけないのかというと

・犬の世界では食事中に食べてるところを見ているという行動は「ご飯の順番待ちをする」

という事になります。

結果、ワンちゃんの中で上下関係が上になってしまいますので注意しましょう!!

ご飯をあげたら食べ終わるまで見すぎないようにしましょう。

ワンちゃんもずっと見られてると緊張してしまいますので!!

2.可愛くてずっと触ってしまっている

可愛くてずっと触ってしまっている - 鎌ヶ谷店PROJECTKUNREN VOL.15

これも多いと思います。

もちろん、家族の一員で可愛いのですが特別な用もないのに触ることを続けてしまうと、触られるのが当たり前になってしまい、「トレーニング時の褒めの撫で行為」が意味のないものになる

という事になってしまう事もあります。

いかに触ってもらうことに喜びを得られるかが楽しくトレーニングをする上で重要になります!!

3.サークルに入っているときに上からのぞき込んで触る

サークルに入っているときに上からのぞき込んで触る - 鎌ヶ谷店PROJECTKUNREN VOL.15

これは、興奮をさせてしまう行動の1つであるいうことと、飛びつきを強化させてしまう事になります。

触ってほしい時に飛びつく癖がついてしまい、「相手側だけでなくワンちゃんにとっても危険」です。

特に小型犬の場合は足の関節や腰を痛めてしまう原因になりますので気を付けましょう!!

大型犬の場合は相手が勢い余って転倒してけがをするリスクが高まり、飛びつきの助長にもなりますのでサークルの出し入れはもちろんですが、上から触ることは極力控えたほうが良いでしょう。

まとめ

この他にも、無意識にやってしまっている飼い主さんの問題行動はたくさんあります。

ワンちゃんの問題行動はワンちゃんだけが作っているわけではなく、どこかで知らず知らずのうちに飼い主さんたちがその問題行動を引き出している場合が多々あります。

「え、その行動が原因だったの??」

なんてことはみぢかにありますので、もしご家族のワンちゃんの気になる行動などがありましたら、お声がけください!

 

ワンちゃんとの接し方は割りとシンプルで、飼い主さんが難しく考えすぎてしまうとワンちゃんも混乱してしまいますのでその辺のアドバイスなどもさせていただきます!

鎌ヶ谷店で可愛いワンちゃん・ネコちゃんとお待ちしております!

 

文/豊福 剛司(鎌ヶ谷店SL)


マルワン鎌ヶ谷店

〒273-0126
千葉県鎌ヶ谷市北初富11-3(Olympic ユアペティア内)
TEL 047-442-1333
OPEN 10:00~19:00 年中無休

マルワン鎌ヶ谷店Facebookはこちらから!

鎌ヶ谷店の可愛い子犬&子猫はこちらから!