2017/06/30

【マルワンユーザーコラム】ゴールデン・レトリバーと人生を歩む第二話〜生活の軌跡〜/大倉山店企画

マルワンユーザー様による特別企画!

ゴールデン・レトリバーのmocoちゃん(3歳)と生活をしているマルワンユーザーの梶浦さんにゴールデン・レトリバーとの生活の様子をコラムにして頂きました☆

今回は第二回目!悪戦苦闘ながらもモコちゃんにのめり込んでいくパパさんに注目です!

 

【あわせて読みたい!】ゴールデンレトリーバーと人生を歩む〜愛犬モコちゃんとの出会い編〜です。⬇

一緒に生活してみて

【マルワンユーザーコラム】ゴールデン・レトリバーと人生を歩む:第二話〜一緒に生活してみて〜

大型犬を飼うにあたって、いろいろな方がいろいろなアドバイスをくれました。

まず、パピートレーニング。

初めて飼いますから、その概念がわからなかった。

むかーし。。私がまだ小さい時、昭和の良き時代に実家で外飼いの犬を飼っていましが、当時は犬に何も教えなかったし、今では考えられないけど、食事もご飯に味噌汁をかけたもの。。

当然、中にはネギ類や塩分もたくさん。。牛乳なんか平気で飲ませていました。

今じゃ、どれもこれも禁止食品なんですね。

とりあえず、知り合いの紹介でパピートレーニングに連れていきました。

パピートレーニングに連れていきました - ゴールデン・レトリバー moco - マルワン大倉山店

トレーナーは手慣れたもので、やんちゃなmocoをうまくコントロールします。

小一時間みっちりと。

mocoではなく私がトレーニングさせられるのです。

計6回のトレーニングに通って思ったことは、人間の子育てと一緒で、子は親の鏡ってことなんだということです。

帰ってくると頭をたくさん使って疲れたせいかmocoはぐっすりと寝てしまいました。

パパも一緒にそばで。。

ぐっすりと寝てしまいました - ゴールデン・レトリバー moco - マルワン大倉山店

まあ、生活時間はmocoを中心に回るようになりました。

朝早く起きて、トイレ兼散歩して。食事させてお仕事に出ます。

ケージに入れて行ったのですが、「パパ、おいてっちゃうの?」と訴える目が私の無い後ろ髪を引っ張るのです。

仕事もそこそこに家に帰ると、もうケージの中から出せ出せのアピールです。

見ると、おしっこトレーはビチョビチョです。

洗ってシートを変えている間も遊べ遊べアピール満載です。

ちょっと遊ぶと。。これが結構キリがない。

そうこうしている内に、ご飯の時間。

そう最初のころはこの小さい体でよく食べるなというくらい大食いでした。

一週間に1キロずつ増えていくのです。

気が付くとパパは食事もしていないし、帰ってきて着替えもしていない状態。

着替えてやっと落ち着くと、もうトイレシートは濡れています。。

「ハイハイ、パパが変えればいいんでしょう。。」

そんな日々が何か月か続いて、トイレも屋外で済ませると家ではやらなくなった頃、ケージから出して生活させるようになります。

そうすると、どこへ行くのも家中付いてきます。

トイレに入ると出てくるまで外で待っています。

それがまた、健気で愛らしいのです。

いつしかパパはmocoにメロメロになっていきます。。

いつしかパパはmocoにメロメロに - ゴールデン・レトリバー moco - マルワン大倉山店

 

文/梶浦悟(特別マルワンブログライター)

ディレクター/山崎華(マルワン大倉山店店長)

 


☆☆☆ 梶浦さん参加のコミュニティー一覧 ☆☆☆

【FBコミュ】ゴールデンワールド

FBコミュ】カウンセリング・ラボ

【FBコミュ】エンジョイ演劇


 

ゴールデンレトリーバーと人生を歩む〜第一話 愛娘との出会い〜はこちらから!

 

マルワン大倉山店

〒222−0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町150(Olympic 新館ペティア内)
TEL 045-545-4008
OPEN 10:00〜19:00 年中無休

■大倉山店の可愛い子犬&子猫はこちらから

■大倉山店Facebookはこちらから